《橈側手根屈筋ストレッチ方法》手首の屈曲が楽に軽くなる。酷使する手首のケア

\この記事を後で読む時シェアが便利!/

この記事のURLとタイトルをコピーする

QITANO代表北野 優旗パーソナルトレーナー&身体均整師
北野 優旗

こんにちは、身体均整師&パーソナルトレーナーの北野です。
今回は 📖全筋肉ストレッチ図鑑 の【橈側手根屈筋】についてご紹介します。

腕には大小さまざまな大きさの筋肉がありますが、その中でも野球やゴルフのようなスポーツにおいては大きな役割を持っているのが、橈側手根屈筋(とうそくしゅこんくっきん)です。この筋肉は、腕のどの部分にあり、どんな役割を果たしているのでしょうか。また、ストレッチすることによってどんなメリットが期待できるのでしょうか。

橈側手根屈筋とは

橈側手根屈筋は、肘から手首にかけて伸びている大きな筋肉で、ストレッチをするだけではなくて筋トレをして鍛えることもできます。橈側手根屈筋が鍛えられている人は、シャツをまくった時に見える腕が、ゴツゴツした感じで引き締まって見えます。メンズだけでなく女子でも、格好よく見える前腕づくりに貢献してくれる筋肉と言えるでしょう。

橈側手根屈筋の解剖図を動画で簡単解説

橈側手根屈筋の解剖図をYouTube動画で簡単解説

タップして動画を見る

橈側手根屈筋の位置

橈側手根屈筋は、肘の部分にある前腕筋膜から手の甲の付け根あたりにある中手骨底掌まで伸びている長い筋肉です。筋肉には、骨に近い部分にあるインナーマッスルと、表皮に近い部分にあるアウターマッスルとがありますが、橈側手根屈筋はアウターマッスルです。そのため、筋トレをする事によってパンプアップしやすく、マッチョでゴツイ腕に憧れている人なら、普段のストレッチだけでなく筋トレをしたい部位かもしれません。

起始

上腕骨内側上顆

停止

第2、第3中手骨底

動脈

尺骨動脈

神経

正中神経(C6、C7)

作用

手首の屈曲

拮抗筋

短橈側手根伸筋、長橈側手根伸筋

橈側手根屈筋の働き

橈側手根屈筋は、手首を曲げるという動作をする時や、掌を握ったり開いたりという動作をする時、また肘を曲げたり伸ばしたりの動作や内側に回すような動作をする時に使います。スポーツに例えると、バレーボールのスパイクやボールを投げる動作の時には橈側手根屈筋が大きな役割を果たしますし、テニスやゴルフ、バットのスイングなどでも橈側手根屈筋は必要不可欠な筋肉となります。また、ピアノやオルガンなどの鍵盤楽器の演奏をする際にも必要となる筋肉です。

橈側手根屈筋の手首の屈曲動作を動画で簡単解説

手首の屈曲動作

タップして手首の屈曲動作を見る(#D23

手首の屈曲動作では橈側手根屈筋の他に、長掌筋浅指屈筋長母指屈筋深指屈筋尺側手根屈筋なども連動して手首の屈曲動作を行います。
※参考:Muscle Premium – Visible Body

肘や手首を動かしたり曲げたりする動作を頻繁にする人は、橈側手根屈筋への負荷を軽減したりオーバーワークになるのを防ぐためにも、普段からストレッチをする事をおすすめします。

橈側手根屈筋をストレッチするメリット

手首ケア

手首のケア

橈側手根屈筋をストレッチすることは、多くの人にたくさんのメリットが期待できます。特にスポーツをする人やプロの演奏家などにとっては、橈側手根屈筋のストレッチをする事によってパフォーマンスの向上につながるなど、目に見える効果を実感できることもあります。

こんな方におすすめ
  • スポーツによる手首のケア
  • ピアノやバイオリン、ギターなど手首の動きをケア
  • 赤ちゃんの抱っこで手首を酷使した産後のママさん

メリット運動・スポーツのパフォーマンスが向上する

スポーツをする人にとっては、橈側手根屈筋をストレッチして鍛えることによって、パフォーマンスの向上につながります。

ゴルフにおすすめストレッチ(ゴルフクラブを握る力は橈側手根屈筋)

ゴルフクラブを握る力は橈側手根屈筋

例えば、野球ならピッチングの動作、テニスやゴルフではスイングする時、バレーボールでスパイクする際には、橈側手根屈筋が大きく貢献してくれます。負荷がかかり過ぎてしまうと痛みが出てしまうので、普段からストレッチをして負荷に耐えられる橈側手根屈筋を維持するのが良いでしょう。

メリット手首を酷使した使い痛みを予防できる(赤ちゃん抱っこによる産後のママさん)

橈側手根屈筋は、肘から手首にかけて伸びている長くて大きな筋肉です。この筋肉を日常的にストレッチしておく事によって、肘や手首およびその周辺で起こりやすい日頃手首を酷使した使い痛みを予防する効果が期待できます。手首を曲げる作業をする事が多い人は特に、普段から橈側手根屈筋をストレッチすることによって、予防に努めたいものです。

赤ちゃん抱っこで手首を酷使

赤ちゃん抱っこで手首を酷使

赤ちゃんを抱っこする機会も多く、手首を痛めやすい産後のママさんにもおすすめストレッチです。

メリット腕のむくみ改善でシャツをめくるとモテ度がアップする

腕まくりはかっこいい

腕まくりはかっこいい

橈側手根屈筋は表皮に近い部分にある筋肉なので、ストレッチで老廃物が流れ、むくみが改善されることよって前腕部の見た目をよくする効果が期待できます。何気なくシャツをめくったら、異性からの視線が気になるようになったり、モテ期が到来するといった効果を期待できるかもしれません。

橈側手根屈筋のストレッチ方法

 動画で分かりやすくストレッチ方法を解説

手首の屈曲筋群をすべてまとめてストレッチ

(#39) 上腕筋、腕橈骨筋、橈側手根屈筋、手掌腱膜、上腕二頭筋に効果のあるストレッチ

タップしてストレッチ動画を見る (#39)

姿勢

  1. 立位でも座位でもOK
    右腕からストレッチする場合を説明

方法

  1. 右手の四指を左手で持つ
  2. 右手四指を左手で引き寄せながら手首の屈筋群(橈側手根屈筋)を伸ばす

回数

30秒×2セット(セットの間隔は1分程あけましょう)
反対も同様に行います。

ポイント

  • 肘は曲がらないように注意します。
  • ゆっくり息を吐くようにし、手首の屈筋群が伸びていることを意識しましょう

効果

  • スポーツによる腕のだるさ、疲れを解消することができます。
    反復練習で酷使された腕の筋疲労をやわらげ、血行を促進します。
  • 握力を回復させることができます。
  • 手首の老廃物がながれ、手や腕のむくみを改善することができます。
    指や手が細くなります。
  • 血行が促進されるのため、手の冷え改善につながる。

ストレッチ効果のある筋肉各種
#尺側手根屈筋 #長掌筋 #浅指屈筋 #橈側手根屈筋 #長母指屈筋

手首の屈筋群をピンポイントでストレッチ

(#40) 上腕筋、腕橈骨筋、橈側手根屈筋、手掌腱膜に効果のあるストレッチ

タップしてストレッチ動画を見る (#40)

姿勢

  1. 立位でも座位でもOK
    右腕からストレッチする場合を説明

方法

  1. 右手の四指を左手で持つ
  2. 右肘を左肘の間に入れる
  3. 右四指を左手で下に引く

回数

30秒×2セット(セットの間隔は1分程あけましょう)
反対も同様に行う

ポイント

  • 右肘を左肘の間に入れることができない場合は、手首の硬さだけでなく
    肩関節の硬さも関係します。肩回りのストレッチケアも参考にして下さい。
    肩関節回りの筋肉群(小円筋 大円筋 三角筋 肩甲挙筋
  • ゆっくり息を吐きながら行うことで効率よく手首の屈筋群が伸びます。

効果

  • 腕の内側である手首の屈筋群が伸び、動脈の流れが促進され、冷え性を予防することができます。
  • 手・腕の疲労をピンポイントで回復することができ、ケガの予防に最適なストレッチです。
  • 物を投げるスポーツで肘を痛めた場合に有効なストレッチケアです。
  • 握力回復に役立つストレッチケアです。

ストレッチ効果のある筋肉各種
#尺側手根屈筋 #長掌筋 #浅指屈筋 #橈側手根屈筋 #長母指屈筋

橈側手根屈筋ストレッチのまとめ

肘から手首にかけて伸びる橈側手根屈筋は、手首を曲げる動作をする際に大きな役割がある筋肉です。パンプアップしやすい筋肉なので、ストレッチや筋トレによってごつくてカッコいい前腕を手に入れることもできます。

執筆者と解剖学画像の引用元

QITANO代表北野 優旗セルフケア

執筆文・写真・動画:北野 優旗きたの ゆうき
きたの均整院 院長 / ボディデザイナー 詳細プロフィール
身体均整法を取得し、整体の実技、セルフケアトレーナーを取得。順天堂大学にてスポーツ健康学を学び、中学高校の保健体育教員資格取得。学生時代は陸上競技で全国2位の実績。2007年きたの均整院を開業し延べ、30,000人以上の施術経験。パリコレに出演したモデル、日本代表の陸上選手などのカラダのケアも行う。ストレッチセルフケア講習イベントを定期開催中。O脚や骨盤などの歪みを自分で解消するスタイルアップLEGOOL(レグール)を開発。三豊市ものづくり大賞受賞 。日米特許取得。RSKRNCなどのテレビ番組に出演実績。

解剖学画像の引用元について
理学療法士、カイロプラクター、スポーツ医学専門医、および整形外科医の多くの先生も使用する「Muscle Premium」– Visible Body を当サイトでも引用し情報提供させて頂いております。読者の皆様に信頼できる情報をお届けできれば幸いです。

関連記事



コメント・質問箱

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. お気軽に何でもコメントください♪