キャンペーン告知

レグール公式サイトQITANOなら5%還元【キャッシュレス・消費者還元事業認定】

《長母指外転筋のストレッチ方法》親指の付け根、動き改善、冷えに効くストレッチ!

QITANO代表北野 優旗パーソナルトレーナー&身体均整師
北野 優旗

こんにちは、身体均整師&パーソナルトレーナーの北野です。
今回は 全筋肉ストレッチ図鑑長母指外転筋についてご紹介します。

手で何かをつかむときに、指は様々な役割を果たします。普段は意識していませんが、親指を使わずにモノをつかむということがあり得ないことから、親指の動きはとても重要だといえます。この親指を動かすために作用しているのが、長母指外転筋(ちょうぼしがいてんきん)です。この筋肉はどの部分にあって、ストレッチをすることにより、どんなメリットがあるのでしょうか。

長母指外転筋とは

長母指外転筋は、上肢(じょうし)の筋肉で、母指、すなわち親指の外転や伸展、そして手の関節の橈屈(とうくつ)、つまり親指の方向に曲げる役割を行います。親指の動きを担うということは、私たちが手でモノをつかむ全てのことにおいて、使っている筋肉なのです。

長母指外転筋の解剖図を動画で簡単解説

長母指外転筋の解剖図をYouTube動画で簡単解説

タップして動画を見る

例えばお茶碗や箸を持つ、本のページをめくる、ドアノブを回すなど、挙げればキリがないくらいです。この大事な筋肉は身体のどの位置にあるのか、さらに詳しい働きをみていきましょう。

長母指外転筋の位置

前腕後面深層に位置していて、表層は総指伸筋に覆われているのが長母指外転筋です。尺骨中部の背側面と橈骨背側面、前腕骨間膜の背側面から伸びていて、手の甲のつけ根にある伸筋支帯の第一中手骨底外側、つまり親指の真ん中あたりで止まります。長母指伸筋(ちょうぼししんきん)や、短母指伸筋(たんぼししんきん)も近い役割があり、合わせて覚えておくとより理解が深まります。

起始尺骨、橈骨、前腕骨間膜
停止第1中手骨
動脈後骨間動脈
神経後骨間神経、橈骨神経より
作用親指の外転と伸展
拮抗筋母指内転筋

長母指外転筋の働き

母指の伸展

タップして母指の伸展動作を見る

親指を伸ばす、親指を回す、手首を親指の方向に曲げるなど、長母指外転筋は実にたくさんの働きをしています。先にも述べたようにモノをつかむということは、親指とほかの四本の指とを合わせて行う動作です。スマートフォンを操作する際も、親指の外転や伸展、まさにこの筋肉はフル稼働しているのです。

長母指外転筋をストレッチするメリット

長母指外転筋を使い過ぎると、母指をつかさどる健を痛めます。また、親指を無理に伸ばす動作をすることも同様です。親指を使う細かい作業を連続で行ったり、スポーツする際に負荷がかかるような作用がそれに当たります。しかし、ストレッチをすることによって、それを未然に防ぐことができます。では、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット親指の動きをスムーズにする

親指の動きをスムーズにする

どんな筋肉においてもそうですが、筋肉自体が固くて縮こまっていると、スムーズな動きをするのが難しくなります。ですので、日頃から長母指外転筋のストレッチをして、伸びやかにしておくことをおススメします。イメージでは、油を差さずあまり動かさない機械よりも、油を差して頻繁に動かしている機械の方が、よりスムーズに動きます。この筋肉もより動きやすくするために、ストレッチをして柔軟にしておきましょう。

メリット使い過ぎで痛めないために

親指は手でモノをつかむ動作としてフル活動しています。普段以上に酷使したり、無理な動きをしたりすると、痛めてしまうことがあります。例えばスポーツを行うとき、何かを握って練習を繰り返す、パソコンのキーボードを長時間叩くなど、オーバーワークとなってしまうと筋肉が悲鳴を上げます。手のオーバーワーク夕方になると手がだるい、などの経験もあるかと思います。急激に筋肉を作動させて痛めないためにも、ストレッチはとても大切なのです。

メリットパフォーマンスの向上に

ゴルフのスウィング運動

ゴルフのスウィング運動

クラブを握って行うゴルフ、ラケットで俊敏にボールを返す卓球、このように何かをモノを握って行うスポーツはたくさんあります。また、昨今はやっているスマホゲームでは、親指の使用は必須です。ストレッチで親指の動きをしなやかにしておけば、それらのパフォーマンスのさらなる向上につながるでしょう。

長母指外転筋のストレッチ方法

 動画で分かりやすくストレッチ方法を解説

長母指伸筋、長母指外転筋、短母指伸筋、長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、小指伸筋、尺側手根伸筋、示指伸筋に効くストレッチ

(#83)親指の付け根、動き、冷えを良くするストレッチ(#長母指伸筋 #長母指外転筋 #短母指伸筋)

タップしてストレッチ動画を見る (#83)

姿勢
  1. 右手首側から行う場合
方法
  1. 右手親指と人差し指を合わせる
  2. 左手で右手の親指と人差し指を持ち内旋しながらひねって伸ばす
  3. その際、肘が曲がらないように伸ばしたまま行います。
回数左右10秒×2セット(セットの間隔は1分程あけましょう)
反対側も同様に行いましょう
ポイント
効果
  • 🔥 手首や腕の外転筋、伸筋(親指側)を伸ばすことができる(手首関節の柔軟性アップ)
  • 🔥 手の冷え改善
  • 🔥 手首や前腕筋疲労の回復
  • 🔥 指、手、腕のむくみ解消
  • 🔥 腕や肩のコリが解消しが軽くなる
  • 🔥 手首の伸筋群や外転筋群をケアするストレッチとして非常に有効的

ストレッチ効果のある筋肉各種
#長母指伸筋 #長母指外転筋 #短母指伸筋 #長橈側手根伸筋 #短橈側手根伸筋 #小指伸筋 #尺側手根伸筋 #示指伸筋

長母指外転筋ストレッチのまとめ

長母指外転筋をストレッチすることによって、筋肉を痛めるのを予防できます。疲労しにくい筋肉となるメリットもあるので、日常的にストレッチを心がけましょう。

QITANO代表北野 優旗セルフケア

執筆文・写真・動画:北野 優旗きたの ゆうき
きたの均整院 院長 / ボディデザイナー 詳細プロフィール
身体均整法を取得し、整体の実技、セルフケアトレーナーを取得。順天堂大学にてスポーツ健康学を学び、中学高校の保健体育教員資格取得。学生時代は陸上競技で全国2位の実績。2007年きたの均整院を開業し延べ、30,000人以上の施術経験。パリコレに出演したモデル、日本代表の陸上選手などのカラダのケアも行う。ストレッチセルフケア講習イベントを定期開催中。O脚や骨盤などの歪みを自分で解消するスタイルアップLEGOOL(レグール)を開発。三豊市ものづくり大賞受賞 。日米特許取得。RSKRNCなどのテレビ番組に出演実績。

関連ストレッチ図鑑記事


QITANO開発!香川大学と共同研究
家トレ3分!骨盤×O脚×痩せる×ヒップアップ
QITANO香川大学共同開発
家トレ!骨盤×O脚矯正