《前頭直筋ストレッチ方法》首のインナーマッスルを伸ばして左右バランスを整える

\この記事を後で読む時シェアが便利!/

この記事のURLとタイトルをコピーする

QITANO代表北野 優旗パーソナルトレーナー&身体均整師
北野 優旗

こんにちは、身体均整師&パーソナルトレーナーの北野です。
今回は 📖全筋肉ストレッチ図鑑 の【前頭直筋】についてご紹介します。

頭長筋や外側頭長筋、そして頚長筋とともに椎前筋群を形成している前頭直筋は、頚部の深層部にあるインナーマッスルです。

スポーツはもちろん、日常生活において全ての動作に作用する筋肉ですが、筋肉が持つ力はそれほど大きくはありません。

前頭直筋とは

頭や首を動かす際には必ず使う前頭直筋は、体の前方にあって後頭窩をサポートしています。

サイズは小さく、周囲の筋肉と一緒に首や頭をサポートする働きを持っています。

前頭直筋の位置

前頭直筋には、頚部に位置する筋肉の一つで、環椎と後頭骨の中間に位置し、これらの骨をつないでいます。

筋肉の大きさは小さく、ストレッチによってコリをほぐして柔軟にすることは可能ですが、トレーニングやマッサージなどによってサイズアップすることはできません。
起始部は環椎の中でも最も上部にある第1環椎の外側、そして停止部は後頭骨基底部です。

前頭直筋の解剖図を動画で簡単解説

前頭直筋の解剖図をYouTube動画で簡単解説

タップして動画を見る

この筋肉は深層部のインナーマッスルなので、指で触れて筋肉の凝り具合をチェックするなどの触診はできません。

起始

環椎(外側塊前部)

停止

後頭骨(大後頭孔前方)

神経

頚神経前枝 (C1)

作用

両側が働くと頚椎を前方に曲げ、片側が働くと頚椎を同側に曲げる

前頭直筋の働き

この筋肉は、頸椎を中心として左右対称に1つずつあり、頚椎の動きと連動するのが特徴です。
具体的には、首を前後に動かすなど左右両方の筋肉が作用すると、環椎後頭関節が屈曲します。

また、首を左右どちらかに曲げるという動作をすると、曲げた側へ頭部を屈曲しながら、曲げた方向と同じ方向へ頭が側屈します。

上部の頚椎を曲げる時に作用する前頭直筋は、意識して左右を別々に動かすことはできません。

首を曲げる際に大きな働きをする筋肉ですが、首を前後に動かす時に、より主導的な役割をします。

首を左右に側屈する際には補助的な役割となり、首を動かす方向によって役割が異なるという特徴があります。

首を動かしたり曲げるという動作は、日常生活の中においてはあらゆる場面で行います。
そのため、この筋肉は、普段の生活の中でとても良く使う筋肉の一つと言えるでしょう。

前頭直筋をストレッチするメリット

前頭直筋をストレッチすることは、健康面でたくさんのメリットが期待できます。

メリット首の筋肉左右バランスを整える

この筋肉は、頚椎を中心として左右対称に位置しています。普段の生活の中では、左右どちらかだけが凝ってしまうということは起こりにくいものです。

しかし、スマホやパソコンなどによってバランスが崩れた姿勢や体勢を長時間していると、左右どちらかが凝ってしまいます。
左右どちらかの筋肉だけが凝って硬くなると、首の傾きや頭の傾きが悪くなってしまいます。

首や肩の血行が良くなって楽になる首や頭の傾きがひどくなると、頭部への血行が悪くなり、疲れやすくなったり、集中力にかけるといったトラブルが起こりやすくなります。
自覚することが難しい首や頭の傾きに対しては、毎日のストレッチが効果的です。

首や頭の左右バランスを取り戻すことができますし、頭部への血行が良くなることで、疲労回復効果や集中力アップというメリットも期待できます。

メリット頭を回すときにスムーズに滑らかに動く

首の骨の並びこの筋肉はインナーマッスルなので、触診はできません。
インナーマッスルは骨の動きに大きな関係があり、凝ると硬くなって柔軟性が低下してしまい、結果としては骨の可動域を狭くしてしまいます。

ストレッチで柔軟にほぐしてあげることで、骨の可動域が改善でき、頭や首を回す時には無理なくスムーズに動かせるようになります。

前頭直筋のストレッチ方法

 動画で分かりやすくストレッチ方法を解説

首のインナーマッスルである前頭直筋を伸ばして首の左右バランスを整える

(#35) 僧帽筋、頭板状筋、肩甲挙筋、中斜角筋に効果のあるストレッチ

タップしてストレッチ動画を見る (#35)

姿勢

  1. 今回は、直立姿勢で紹介しますが、
    座位でも簡単にできるストレッチです。

方法

  1. 右側の前頭直筋を伸ばす場合
  2. 右肩に左手を下へグッと押し当て、右手で左臀部を掴む
  3. 右手を頭の左側頭部に当て(耳を挟むように当てる)、ゆっくりと頭を真横へ倒しながら首筋を伸ばす
  4. 頭が傾いている方向を入念に時間をかけてほぐすと、バランスが整う。

回数

左右15秒×2セットずつ(セットの間隔は1分程あけましょう)

ポイント

  • 無理やり手の力で首を伸ばさないように、ゆっくりと
    息を吐きながら行うことで、より効果的なストレッチが行えます。

効果

  • 傾いた頭の左右バランスが整う
  • 首の疲労改善ストレッチ
  • 首回しを行った際に、スムーズに回る
  • 首肩周りの血行促進
  • デスクワークや勉強による目の疲れを解消
  • 縮まった首筋を伸ばして、首を長く調整ができる

ストレッチ効果のある筋肉各種
#肩甲挙筋 #僧帽筋 #頭板状筋 #中斜角筋

前頭直筋ストレッチのまとめ

前頭直筋は、椎前筋群の一つに分類される筋肉で、首の動きと大きな関係があります。

普段の生活においては、どんな動きをしても作用する筋肉なので、普段からストレッチをして、凝らないような対策をするのがおすすめです。

執筆者と解剖学画像の引用元

QITANO代表北野 優旗セルフケア

執筆文・写真・動画:北野 優旗きたの ゆうき
きたの均整院 院長 / ボディデザイナー 詳細プロフィール
身体均整法を取得し、整体の実技、セルフケアトレーナーを取得。順天堂大学にてスポーツ健康学を学び、中学高校の保健体育教員資格取得。学生時代は陸上競技で全国2位の実績。2007年きたの均整院を開業し延べ、30,000人以上の施術経験。パリコレに出演したモデル、日本代表の陸上選手などのカラダのケアも行う。ストレッチセルフケア講習イベントを定期開催中。O脚や骨盤などの歪みを自分で解消するスタイルアップLEGOOL(レグール)を開発。三豊市ものづくり大賞受賞 。日米特許取得。RSKRNCなどのテレビ番組に出演実績。

解剖学画像の引用元について
理学療法士、カイロプラクター、スポーツ医学専門医、および整形外科医の多くの先生も使用する「Muscle Premium」– Visible Body を当サイトでも引用し情報提供させて頂いております。読者の皆様に信頼できる情報をお届けできれば幸いです。

関連記事



コメント・質問箱

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. お気軽に何でもコメントください♪