《頚長筋ストレッチ方法》首のバランスが整い,上に向きやすくなる

\この記事を後で読む時シェアが便利!/

この記事のURLとタイトルをコピーする

QITANO代表北野 優旗パーソナルトレーナー&身体均整師
北野 優旗

こんにちは、身体均整師&パーソナルトレーナーの北野です。
今回は 📖全筋肉ストレッチ図鑑 の【頚長筋】についてご紹介します。

頚長筋とは首の筋肉にもいろいろありますが、今回は頚長筋(けいちょうきん)について解説します。
実際にどんな役割を持っているのか、ストレッチするメリットは何かなどをご紹介します。

頚長筋とは

頚長筋とは椎前筋を構成する筋肉の一つです。まずは、位置や主な働きについて確認していきましょう。

頚長筋の位置

頚長筋は、胸鎖乳突筋よりもさらに深層部の首の前側に位置しており、細かく上斜部・垂直部・下斜部の3つに分けられます。いずれも頸椎に沿って存在しています。
上斜部は、第3~第5頸椎の横突起から始まり前結節で終わります。
垂直部は第5頸椎~第7頸椎および第1胸椎~第3胸椎の椎体より始まり、終わりが第2~第4頸椎の椎体です。
下斜部の始まりは第1胸椎~第3胸椎の椎体で、終わりは第6~第7頸椎の横突起となっています。

頚長筋の解剖図を動画で簡単解説

頚長筋の解剖図をYouTube動画で簡単解説

タップして動画を見る

起始

上斜部:第3~第5頸椎の横突起
垂直部:第5頸椎~第7頸椎と第1胸椎~第3胸椎の椎体
下斜部:第1胸椎~第3胸椎の椎体

停止

上斜部:環椎の前結節
垂直部:第2~第4頸椎の椎体
下斜部:第6~第7頸椎の横突起

神経

頸神経叢、腕神経叢

作用

頸部を前屈させる作用

頚長筋の働き

頚長筋は、頭長筋や舌骨下筋群と連動して首を前に傾ける際に使われます。
また、首のインナーマッスルとして、頸椎のバランスを維持して守る役割もあります。この筋肉が正常に働くことで、首にかかる負担が軽減するのです。

頚長筋の頚・頭の屈曲動作を動画で簡単解説

頚・頭の屈曲(胸鎖乳突筋、前斜角筋、頭長筋、頚長筋)

タップして頚・頭の屈曲動作を見る(#D5)

頚・頭の屈曲動作では、頚長筋の他に、胸鎖乳突筋前斜角筋頭長筋なども連動して屈曲動作を行います。
※参考:Muscle Premium – Visible Body

頚長筋をストレッチするメリット

それでは、頚長筋をストレッチするとどんなメリットがあるか、解説します。

メリット真上に向きやすくなる

頚長筋をストレッチするメリットの一つに、首の筋肉バランスが整って真上に向きやすくなることが挙げられます。
柔軟性を取り戻すことで、首の動きがスムーズになり、真上を見ても苦痛でなくなります。

上に向きやすい首のバランス姿勢が整う首がカチコチになって真上を向くのが難しい人も、ストレッチを続けるほど楽になることでしょう。
無理なく真上を向くことができるので、たとえば、部屋の電球を交換するときにもつらくなくなります。

首のS字湾曲が整う

首のS字湾曲が整って、正しい姿勢になるのも大きなメリットです。
たとえば、スマホやパソコンを長時間使い続けていると、首のS字湾曲が真っすぐになってしまいます。
すると、頭の重さをうまく支えきれずに、首や肩が重くなったり違和感が出やすくなったりするのです。首の骨の並び

リモートワークなどでずっと机に向かっていて首や肩がカチコチになっている人でも、適切にストレッチすると随分楽になります。
家事や子どもの世話でずっと下を向きっぱなしの人も、試してみてください。

頚長筋のストレッチ方法

 動画で分かりやすくストレッチ方法を解説

頚長筋ストレッチの方法

(#51) 胸鎖乳突筋に効果のあるストレッチ

タップしてストレッチ動画を見る (#51)

姿勢

  1. 椅子に座るか、床に座る姿勢で行うと安定して行えます。
    背筋はまっすぐ伸ばして行うようにしましょう。

方法

  1. 左手をアゴ下に当てます。
  2. その左肘に右手を当て、右手を使ってゆっくりと左肘を上に押し上げて、首のストレッチを行います。

回数

10秒×2セット(セットの間隔は1分程あけましょう)

ポイント

  • 急に強い負荷を与えないように、ゆっくりと行いましょう。
  • 首の前面や喉の奥が伸びている感覚があれば頚長筋が伸びています。

効果

  • 首の前後屈に必要な頚長筋が伸びて、上を向きやすくなる
  • 頚椎の歪みを改善(首のS字曲線を整える)
  • スマホやデスクワークによる首の疲れを解消する
  • 首の動きが滑らかに改善する
  • 肩に力が入りやすい方に効果的

ストレッチ効果のある筋肉各種
#胸鎖乳突筋 #前斜角筋 #頭長筋 #頚長筋 

頚長筋ストレッチのまとめ

頚長筋をストレッチすると、首を柔軟に動かせるようになります。

長時間前かがみになる人や、猫背の人は頚長筋が固まってしまっていることが多くなります。

まずは、適切なストレッチにてよくほぐすことから始めましょう。
ただし、首の周辺は大変デリケートなので、無理をせずコツコツと毎日続けてみてください。みてください。

執筆者と解剖学画像の引用元

QITANO代表北野 優旗セルフケア

執筆文・写真・動画:北野 優旗きたの ゆうき
きたの均整院 院長 / ボディデザイナー 詳細プロフィール
身体均整法を取得し、整体の実技、セルフケアトレーナーを取得。順天堂大学にてスポーツ健康学を学び、中学高校の保健体育教員資格取得。学生時代は陸上競技で全国2位の実績。2007年きたの均整院を開業し延べ、30,000人以上の施術経験。パリコレに出演したモデル、日本代表の陸上選手などのカラダのケアも行う。ストレッチセルフケア講習イベントを定期開催中。O脚や骨盤などの歪みを自分で解消するスタイルアップLEGOOL(レグール)を開発。三豊市ものづくり大賞受賞 。日米特許取得。RSKRNCなどのテレビ番組に出演実績。

解剖学画像の引用元について
理学療法士、カイロプラクター、スポーツ医学専門医、および整形外科医の多くの先生も使用する「Muscle Premium」– Visible Body を当サイトでも引用し情報提供させて頂いております。読者の皆様に信頼できる情報をお届けできれば幸いです。


\この記事を後で読む時シェアが便利!/

この記事のURLとタイトルをコピーする

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。