ダイエット成功の目標設定は、心からなりたい私を描く”ヒューチャー思考”

\この記事を後で読む時シェアが便利!/

この記事のURLとタイトルをコピーする

QITANO代表北野 優旗パーソナルトレーナー&身体均整師
北野 優旗

こんにちは、身体均整師&パーソナルトレーナーの北野です。
今回は ダイエットスタートに大切な目標設定ついてご紹介します。

ダイエットをしようと思ったきっかけは、人それぞれです。
「スキニーパンツをかっこよく、はきこなしたい」
「夏に向けて、ビキニを着て友達と海やプールに行きたい」

スキニーパンツをかっこよはきこなしたいダイエットをするとき、誰もが「こうなりたい」「こうしたい」という目標をイメージしていると思います。
どんなことであれ、成功するために目標設定が非常に重要なことはダイエットに限ったことではありません。

ダイエット成功において正しい目標設定はとても重要になることを解説していきます。

心から望んでいない偽りの目標設定をしていませんか?

ダイエットで失敗する人は、目標設定にも特徴的なパターンが見られます。これって本心のダイエット?偽りのダイエット?

「悩む」
ダイエッター

今まではこのくらい痩せたから、今回もこのくらい痩せるのが限界かな…

このように、過去の延長線上で目標を設定してしまうのです。
自分のことを過小評価しがちなダイエッターさんは、どうしても目標設定が遠慮がちになっています。

ダイエットで成功するためには、「私は絶対に〇〇さんのように痩せて、かっこよく洋服を着こなす」とはっきりと明確な目標設定を言えることが大切です。
「自分なんて・・・」と、自信なく遠慮がちな目標設定では、本当に心から望むゴールにはたどり着けません。

ダイエットが辛くなってきたら、自分に言い訳をしてごまかそうとしてしまい、また目標がブレてしまいます。
偽りの目標を作り出してしまうのです。

ダイエット成功というゴールに向かって努力しているつもりでも、それは本当に心から望んでいない偽りのゴールなので、また簡単に途中で諦めてしまうのです。

こんな生徒さんがいました。性格はおとなしく控えめな女性が、

「困った」
ダイエッター

せめてワンピースが可愛くきれるくらいの体型になれれば・・・。

遠慮がちな目標設定ですが、きちんと聞いてみると、憧れの女優さんがいて

「困った」
ダイエッター

実は女優の〇〇さんのようにセクシーなファッションをしてみたい

という願望があるのです。
これまでの自分のキャラクターを考えて、似合わないだろうと決めつけていたのです。

偽りのゴールか、心からなりたいゴールか

偽りのゴールか、心からなりたいゴールか

「女優さんのようなセクシーなファッション」と「ワンピースを着こなしたい」とでは、目標設定に大きなズレが生じてしまいます。

心からなりたい将来の自分を思い描く”フューチャー未来思考”

目標の方向性にズレがあると、心の底からダイエットに取り組む意欲はわかず、モチベーションは続きません。テンションもあがりません。

自分のキャラクタから抜け出せずに、本当の願望に向かうことを忘れて、結果ダイエットも中途半端に終わり、リバウンドに耐えなければならない事態になるのです。

この失敗する思考から抜け出すためには、「このくらいなら手が届きそう」という過去の延長線上で目標設定をするのではなく、心からなりたい未来の「自分」を思い描くことです。

痩せて本当に心からなりたい自分になるつかみ取る真の願望が明確に描けると、行動は一気に加速します。
心から望む自画像に目標設定できると、そこに近づくためには何が必要なのか、何が足りないのか、具体的な道筋が見えてくるのです。
例えば、女優さんの二の腕は引き締まって、筋肉質だから、ただ有酸素運動や糖質ダイエットで脂肪を減らすだけでなく、筋トレで上腕二頭筋上腕三頭筋の筋肉も鍛えなくちゃとなるのです。

QITANO代表北野 優旗パーソナルトレーナー&身体均整師
北野 優旗

半年前の生徒さんで、このような方がいました。

目標設定で成功したエピソード2つ紹介

女性(30代・パート)Mさんは、結婚して6年目。子供2人旦那さんと家族4人暮らし。
最初ダイエットの目標を尋ねると「子供を出産して一度はダイエットにチャレンジしたけどすぐに挫折。お腹がぽっこり出てなかなか治りません。子供と一緒に遊んでいてもすぐに息切れするし、カラダを楽にしたい」とおっしゃっていました。。

しかし、本当に思い描く未来から目標を立て直してみると、「本当は、旦那さんからまた女性として見てもらえる自分になりたい。昔旦那さんと付き合っていたころのようにラブラブな関係に戻したい!どうせ上手くいかないかもしれないからと背を向けないで、本気で向き合いたい!」と方向性が一変しました。

「一度取り組んだダイエットで失敗してしまった」という過去にとらわれる必要がないと気づき、方向性を変えた途端、4ヵ月でダイエットに成功。
心の底から願っていた旦那さんとの夫婦関係は、若い頃以上に絆が深まりました。

ダイエット成功で夫婦関係修復

女性(30代・会社員)Yさんは、「付き合っていた彼氏から”もうちょっと痩せた方が奇麗だったのに”と言われたので、キレイになって見返したい。」とおっしゃっていました。
結婚も考えていたので、思いつめた表情でした。

この方も、あらためて「本当に心から思い描いている将来は?」と自分に問いかけたところ、「今本当にしたいのは、彼氏との結婚ではなく、実は動物の研究でオーストラリアへ留学したかった」と目標の方向性が一変したのです。

本当の自分の未来、将来を見据えた行動目標

そこから彼女の留学までの3ヵ月の準備期間中のダイエットも成功し、新たなスタートを切りオーストラリアへ留学することとなりました。
数年後、動物の生態系に関する研究所で働くこととなり、職場で出会ったオーストラリアの男性と結婚し子供を授かりました。今では働くお母さんになって頑張っています。

目標設定は、あなたの望む未来を逆算するフューチャー未来志向

心の底からなりたい自分を目指してダイエットにチャレンジが大切過去でも現実でもなく、未来から逆算すると、過去の実績や経験、キャラクターから外れると、
身の丈に合っていない。現実的でない。高すぎる目標設定で失敗すると、心配する人もいます。

しかし、一番大切なことは、目標設定レベルが高い、低いではなく、あなたが心から望んで目指したい未来の方向性なのです。

真理子「納得」
ダイエッター

「私がなりた”私”はこれです!」って胸を張って言える目標が、成功に導く設定なんですね!本気でがんばれそうな気がしてきました!

ダイエットの目標設定の大切さは理解してもらえたと思います。
では、次は、そのダイエットの目標の具体的な設定方法とそのポイントを解説していきます。

執筆者と解剖学画像の引用元

QITANO代表北野 優旗セルフケア

執筆文・写真・動画:北野 優旗きたの ゆうき
きたの均整院 院長 / ボディデザイナー 詳細プロフィール
身体均整法を取得し、整体の実技、セルフケアトレーナーを取得。順天堂大学にてスポーツ健康学を学び、中学高校の保健体育教員資格取得。学生時代は陸上競技で全国2位の実績。2007年きたの均整院を開業し延べ、30,000人以上の施術経験。パリコレに出演したモデル、日本代表の陸上選手などのカラダのケアも行う。ストレッチセルフケア講習イベントを定期開催中。O脚や骨盤などの歪みを自分で解消するスタイルアップLEGOOL(レグール)を開発。三豊市ものづくり大賞受賞 。日米特許取得。RSKRNCなどのテレビ番組に出演実績。

解剖学画像の引用元について
理学療法士、カイロプラクター、スポーツ医学専門医、および整形外科医の多くの先生も使用する「Muscle Premium」– Visible Body を当サイトでも引用し情報提供させて頂いております。読者の皆様に信頼できる情報をお届けできれば幸いです。


\この記事を後で読む時シェアが便利!/

この記事のURLとタイトルをコピーする

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。