姿勢がダイエット効果を生む「太りにくい体」のサイクル

\この記事を後で読む時シェアが便利!/

この記事のURLとタイトルをコピーする

QITANO代表北野 優旗パーソナルトレーナー&身体均整師
北野 優旗

こんにちは、身体均整師&パーソナルトレーナーの北野です。

スリムな美人たちの共通点は「姿勢が良い」ですよね。

姿勢にダイエット効果があるのは本当です。
姿勢がダイエットに効くワケから、デスクワークでの座り方、外出先での立ち方までご紹介します。

代謝アップでダイエット効果に

「痩せる」「ダイエット」といえば食事管理と運動をイメージしますが、ふだんの姿勢も大事です。
姿勢がダイエットに与える影響は、意外に知られていません。

姿勢を正すのってなかなか身に付かないし、指摘されるのがイヤですよね。

しかし姿勢が良いと日常生活で筋肉が鍛えられるので、究極の時短になります。そのうえ体のパフォーマンスが上がり、ダイエット効果が期待できるのです。

ダイエットに関心を持つあなたなら、基礎代謝が重要だとご存じですよね。

基礎代謝とは?
体が勝手に消費するエネルギー量
基礎代謝が高いほど脂肪燃焼する

 

基礎代謝を上げるひとつの方法が、筋力をつけること。正しい姿勢が習慣になると、日常動作で筋肉が鍛えられます。
これを利用しない手はないですね!

ふだんの積み重ねが
「筋力アップ=基礎代謝アップ」につながります。
筋トレとダイエットが、切ってもきれない関係にあるのはこのためです。

姿勢が良いと食事も美味しくいただけるでしょう。

 

正しい座り姿勢

まずは座る姿勢のご紹介です。デスクワークで長時間すわる方は、ぜひやってみてください。

正しい座り方の姿勢

正しい座り方の姿勢 出典”https://medical.jiji.com/”

正しい姿勢のポイントは次の4つ。

1. お腹にチカラをいれて背筋をのばす
2. アゴを軽く引いて、目線はやや下
3. ひじを90°以上にしてチカラを抜く
4. 足の裏をすべて床につける

 

さらに美脚のコツも伝授!

ひざとひざをくっつけると太ももが引き締まって、スマートな脚にしてくれます。

参考≫ 内ももの痩せ方は使いかた次第!!職場をあなたのジムにしよう

 

正しい立ち姿勢

続いて正しい立ち方です。

正しい立ち方の姿勢

正しい立ち方の姿勢 出典”https://www.cosme.net/beautist/”

立ち姿勢のポイントは次の3つ。

1. 足から頭まで一直線にする
2. 背筋をのばし、アゴを軽く引く
3. 腹筋を意識して、背筋をキープ

 

駅のホームや電車のなか、交差点の信号待ちなどでやってみましょう!ピシっとした立ち方は、意外に全身の筋肉を使いますよ。

片足だけに重心をあずけていませんか?ほかにも買い物袋やカバンを持つ側のクセが、姿勢を悪くします

カラダに負担をかけない立ち方や歩き方は重心が9割と言っていいほど大切なのです。

姿勢は呼吸が深くなる効果も

姿勢は呼吸が深くなる効果も

日常動作で筋肉が鍛えられると言われても、まだピンとこないですよね。
それでは今そこで、すこしトライしてみましょう。私たちが無意識におこなう呼吸は、おなかの筋肉を使います。

猫背になった時と、姿勢をよくした時の深呼吸を比べてみてください。
どちらが深い呼吸になるでしょう?

姿勢をよくした時の方が、自然に深い呼吸になりますよね。このとき体の内側で動いているものが筋肉です。
腹直筋よりも体の内部にある筋肉で、インナーマッスルと呼ばれます。

インナーマッスルとは?
体の内側深くにある筋肉
「深層=インナー」という意味からインナーマッスルとよばれる

 

深い呼吸をすればインナーマッスルが動き、それに連動して肋骨も動きますよね。
呼吸で動くインナーマッスルをまとめてコアマッスルとも呼び、まさに体のコアにあたります
最近よく耳にする「コアトレーニング」のコアですね。

 

呼吸がパフォーマンスを上げる

深い呼吸はシンプルに酸素の量が多くなり、筋肉や内臓の働きが良くなります。

ところが呼吸が浅くなると、全身に行きわたる量が減り、カラダが省エネ状態になってしまいます。カラダがうまく働かない状態では、ダイエットの効き目も半減。

呼吸の浅い猫背がクセになると、痩せにくい体質になってしまうのです。

あなたの底力を十分に発揮させるには、姿勢が欠かせませんふだんから姿勢に気を付ければ、ダイエットをサポートしてくれますよ。

姿勢が良い人はダイエット知らず

スマホを見るとき正しい姿勢で見る

スタイルがいい人は姿勢も良いですよね。
「キレイな姿勢が、美しい雰囲気を作り出す」といっても過言ではありません。

そのうえ猫背がクセになると、下腹がたるんでしまいます。ぽっこりおなかの原因は、脂肪の垂れではなく内臓の垂れです。

おなかをスッキリさせるには、筋力をつけると効果的。
私たちがラクだと思う姿勢は、本来必要な筋肉を使わないので衰えます。特におなかのインナーマッスルが衰え、「体のコア」が弱くなります。

体のコア筋肉

体のコア筋肉 出典”https://www.bodybook.jp/sp/”

お腹のインナーマッスルは腹横筋、骨盤のインナーマッスルは骨盤底筋多裂筋という筋肉が背骨をが体を支え、姿勢補正に大きな役割を果たしています。

「体のコア」は人間に備えられた天然のコルセットで、ここがゆるむと内臓が垂れてしまいます。

体がいくら痩せても、お腹が出ていると格好悪いですよね。太っている時と同じように、服えらびも着痩せ効果を意識するハメに。

「体のコア」を強く、そして引き締めるためには、姿勢を正して筋肉を鍛えましょう。
正しい姿勢は代謝アップだけではなく、見た目がスッキリするメリットもあるのです。

継続したダイエット効果のために

ツラい筋トレや食事管理ばかりでは続かないですよね。そのうえ、筋トレで疲れて食べ過ぎたり、ハードなトレーニングが続かなかったり・・・。

しかし、おなかのインナーマッスルは、呼吸をするたびに筋肉が動きます。それだけインナーマッスルは持久力があり、体に負担をかけないのです。

ふだんから姿勢に気を付けていれば、継続してダイエット効果が得られますよ。

 

執筆者と解剖学画像の引用元

QITANO代表北野 優旗セルフケア

執筆文・写真・動画:北野 優旗きたの ゆうき
きたの均整院 院長 / ボディデザイナー 詳細プロフィール
身体均整法を取得し、整体の実技、セルフケアトレーナーを取得。順天堂大学にてスポーツ健康学を学び、中学高校の保健体育教員資格取得。学生時代は陸上競技で全国2位の実績。2007年きたの均整院を開業し延べ、30,000人以上の施術経験。パリコレに出演したモデル、日本代表の陸上選手などのカラダのケアも行う。ストレッチセルフケア講習イベントを定期開催中。O脚や骨盤などの歪みを自分で解消するスタイルアップLEGOOL(レグール)を開発。三豊市ものづくり大賞受賞 。日米特許取得。RSKRNCなどのテレビ番組に出演実績。

解剖学画像の引用元について
理学療法士、カイロプラクター、スポーツ医学専門医、および整形外科医の多くの先生も使用する「Muscle Premium」– Visible Body を当サイトでも引用し情報提供させて頂いております。読者の皆様に信頼できる情報をお届けできれば幸いです。


\この記事を後で読む時シェアが便利!/

この記事のURLとタイトルをコピーする

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。