LEGOOL|レグール特集

LEGOOL® |レグールの使い方《基本編》

LEGOOL公式QITANO

\この記事を後で読む時シェアが便利!/


QITANO代表北野 優旗パーソナルトレーナー&身体均整師
北野 優旗

こんにちは、身体均整師&パーソナルトレーナーの北野です。

私が開発した STYLE UPスタイルアップ LEGOOLレグールの使い方をお伝えします。
骨盤矯正、O脚矯正、ヒップアップ、ぽっこりお腹解消など1つのアイテムでこれだけの美の連鎖が始まります。
レグールって何?と初めて知った方は、機能や効果についての詳細はこちらをご覧ください。

STYLE UPスタイルアップ LEGOOLレグールとは

では、さっそくレグールの使い方を説明していきます。

レグールの構造

レグールの構造(回転台とスプリング負荷)

レグールの構造(回転台とスプリング負荷)

レグール本体の底には円状の回転台があります。
この円の中心を軸に脚を回転させて使う器具となります。

股関節、骨盤の外旋運動を目的として制作していますので、
回転台の中に外旋運動時に負荷がかかるスプリングを内臓している仕組みです。

クラシックバレエのターンアウト(美脚の秘密)をレグールを使うことにより効果的に美脚、骨盤の引き締め作用が働きます。
参考:レグール開発者のQitano|キタノが紹介!6つのスタイルアップ効果口コミ

レグールの使い方《基本編》

基本的に使い方はとっても簡単です。たった1日3分「足を開く」運動をを10回だけで
骨盤矯正、O脚矯正、ヒップアップ、ぽっこりお腹解消などの美の連鎖が始まります。

STEP.1
こぶし分空けて置く

LEGOOL(レグール)の使い方ステップ1

左右の「L」「R」を確認し、こぶし1つ分の間隔を空けてレグールを置きます。

STEP.2
膝を伸ばして直立

LEGOOL(レグール)の使い方ステップ2

レグールの上に乗り、膝が曲がらないように直立します。

STEP.3
お尻を締めながら足を開く

LEGOOL(レグール)の使い方ステップ3

回転台のスプリングの負荷に負けないように、お尻の筋肉を使って足を開きます。開く動作を10回×2セット繰り返す3分エクササイズです。

股関節や骨盤周辺の筋肉が使われるから引き締まる

股関節や骨盤周辺にはたくさんの筋肉があります。
年齢を重ねるとお尻の筋肉が低下したるみが起きます。
レグールを使うことで、お尻(骨盤周辺)の筋肉を最大限収縮活動できるように誘導します。

LEGOOL(レグール)を使ったアニメーション使用上の注意事項

  • 使い方を間違わないようにお気をつけ下さい!
  • フローリングに傷をつけることもあります。必ずマットを敷くか、じゅうたんの上で行うようにして下さい。
  • 転倒の防止のために、椅子や壁を手で支えながら行いましょう。 など取扱説明書をよく読んでからご使用ください。 

実際に使った動画映像

QITANO代表北野 優旗パーソナルトレーナー&身体均整師
北野 優旗

使い方はとっても簡単ですね。お尻の筋肉が弱いと足が開きません。
足が開くようになったころには、お尻がキュッと締まって骨盤が引き締まった証拠になります。

テレビ番組で特集された動画映像

※動画の掲載について、承諾を得ております。

執筆者と解剖学画像の引用元

QITANO代表北野 優旗セルフケア

執筆文・写真・動画:北野 優旗きたの ゆうき
きたの均整院 院長 / ボディデザイナー 詳細プロフィール
身体均整法を取得し、整体の実技、セルフケアトレーナーを取得。順天堂大学にてスポーツ健康学を学び、中学高校の保健体育教員資格取得。学生時代は陸上競技で全国2位の実績。2007年きたの均整院を開業し延べ、30,000人以上の施術経験。パリコレに出演したモデル、日本代表の陸上選手などのカラダのケアも行う。ストレッチセルフケア講習イベントを定期開催中。O脚や骨盤などの歪みを自分で解消するスタイルアップLEGOOL(レグール)を開発。三豊市ものづくり大賞受賞 。日米特許取得。RSKRNCなどのテレビ番組に出演実績。

解剖学画像の引用元について
理学療法士、カイロプラクター、スポーツ医学専門医、および整形外科医の多くの先生も使用する「Muscle Premium」– Visible Body を当サイトでも引用し情報提供させて頂いております。読者の皆様に信頼できる情報をお届けできれば幸いです。


\この記事を後で読む時シェアが便利!/

紹介アイテム

特集一覧